食の安全

原材料への取り組み

原料購入時には、規格書の収集を行い、独自の規格書システムで原料から製品まで管理しています。
また、受入れ時には原料の特性に合わせて、微生物検査、残留農薬検査、目視検査等を実施し、安全性が確認された原料を使用しています。

工場での取り組み

食品に関する認証取得 ISO22000

2007年3月23日、ISO22000の認証を取得しました。
ISO22000は2005年9月に発行された食品安全に関する国際規格で、HACCPシステムに基づくフードチェーン(原材料の生産から消費まで)の食品安全を確保するための仕組みです。アスザックフーズで製造する製品の種類は1,000種類を超えますが、すべての製品について、HACCPに基づく食品安全を確保するための活動を行っています。

製造工程間における検査

製造工程においては、従業員の徹底した衛生管理と、ロット管理、工程の時間管理を実施しています。
また、訓練されたスタッフによるライン内での目視検査に加え、金属探知機やX線による異物検査も実施しています。

製品検査

製品の特性に合わせて、各種検査を実施しています。
詳しくは『国内主要設備のご紹介』をご覧ください。

アスザックフーズ食品安全方針

  • 1.私たちは、安全でおいしい食品づくりに努めます。
  • 2.食品安全目標を定め、P.D.S.Aを回します。
  • 3.法規およびお客様と合意した事項を遵守します。
  • 4.常に食品衛生を学び、衛生環境を整備していきます。
  • 5.危害発生を未然に防止していきます。
  • 6.内外のコミュニケーションを円滑に行います。
2006年4月13日制定
2015年9月16日改訂
アスザックフーズ株式会社 代表取締役社長 久保正直

World Wide