食物アレルギーへの対応

食物アレルギーは、近年の生活環境や食生活の変化に伴って増加する傾向にあり、ごく僅かな摂取でも強い症状を引き起こすケースがあるのが特徴です。誤って摂取した場合は生命をも脅かしかねない重大な事態を引き起こす可能性があることから、厳重な管理が必要です。

アスザックフーズでは表示義務のある「特定原材料」だけでなく、表示を推奨している「特定原材料に準ずるもの」まですべてを、一括表示の原材料名に表示しています。

表示を義務づけられている7品目
表示を推奨されている18品目

また、アスザックフーズでは定期的に製品の抜き取り検査や製造ラインの拭きとり検査を行い、製造工程や原材料に問題がないか確認しています。
製品検査では、表示が義務付けられている7品目のうち、たまご・乳・小麦・えび・かにに関して毎月製品の抜き取り検査を実施し、
アスザックフーズの基準をクリアしているかどうか確認しています。
製造ラインの拭きとり検査では、工場の各工程で機械に付着したアレルゲンの有無を確認し、清掃方法・手順が適正かどうかの検証を行っています。
また、飛散検査として、工場の空気中に飛散しているアレルゲンの検査も行っています。

World Wide