素材の持つ美しさをそのまま食卓へ:アスザックフーズ

Farm to Fork × Freeze Dry

「素材の持つ美味しさを、そのままみなさまの食卓にお届けしたい」そんな私達の思いを実現したのがフリーズドライ製法です。

フリーズドライ製法の特徴

栄養成分の変化が少ない

過度に加熱をしないため、栄養成分の損失が少ない製法といわれています。

軽くてで持ち運びに便利

乾燥後はとても軽くなるため、登山などにも持ち運びが便利です。

長期間の保存ができる

乾燥後は水分量が減り、長期間の保存が出来ます。そのため、非常食としても注目されています。

フリーズドライ製法の流れ Let's Freeze Dry!

フリーズドライを体験!

Step.1 安全で安心な原料

使用する原料は、品質規格書を入手し、食品安全に関する内容を確認してから使用しています。さらに、必要に応じてさまざまな検査を行い、品質の状態を確認しています。時には、土作りからはじめた自社農場の作物を使用することもあります。

Step.2 冷凍庫で凍結

安心安全を確認した原料は洗浄、カットなどの工程を経てから冷凍します。大型の冷凍庫で、美味しさを逃がさないよう凍結させています。※今回は演出上カットせずに凍結しています。

Step.3 真空凍結乾燥機で乾燥

凍結した素材は真空凍結乾燥機の中に移ります。その中で真空状態において水が氷から気体へ代わる「昇華」という現象を利用して乾燥が行われます。※今回は演出上カットせずに乾燥しています。

Step.4 完成

乾燥した素材は、色や味が基準を満たしているか、しっかりと復元できるか、などさまざまな検査を行い、合格したもののみが製品として、お客様のもとに届けられます。カップ麺の具材や、お味噌汁の具、お菓子の中身など、さまざまな用途に使用されています。

フリーズドライ製法の数値比較

フリーズドライ製法では栄養成分の変化が少ないと言われています。さまざまな乾燥方法について、乾燥前後の栄養成分量を比較してみました。

※乾燥前を100%とした場合。数値はアスザックフーズ調べ

パプリカの総ビタミンC

製法によるパプリカの総ビタミンCの違い

ブルーベリーのアントシアニン

製法によるブルーベリーのアントシアニンの違い

フリーズドライは軽くて便利

フリーズドライ後は、水分量がとても減るため、非常に軽くなっています。加工前と比べて1/10の重さになることもあります。
持ち運びに便利なので、登山者や、ご年配の方にも喜ばれています。右の画像では生のオクラとフリーズドライおくらを天秤に載せてみました。

フリーズドライ前後のおくらの重さ比較

フリーズドライは長時間保存が可能

フリーズドライ後は製品中に含まれる水分量がとても少なく、微生物が繁殖しにくいため、保存性に優れています。
たとえば「あめ色玉ねぎのスープ」は製造から1年を「おいしくお召し上がりできる期間」と設定しています。

フリーズドライ前後のかぼちゃの水分量の比較

メニューを開く