フリーズドライ商品ができるまで

フリーズドライ(フリーズドライ商品ができるまで)

真空凍結乾燥機で、約1日という時間をかけてフリーズドライ。

冷凍庫で冷凍されたスープ液は、真空凍結乾燥機の中に移ります。そこで、真空状態で水が氷から気体に変わる昇華という現象を利用して、フリーズドライが行われます。乾燥にかかる時間は約1日。

冷凍から乾燥までの一連の工程の管理と、冷凍庫と真空凍結乾燥機の保全業務を担うのが釜オペレーター。常に正常運転し安定した製品が供給できるよう、日々メンテナンスを行っています。

担当スタッフメッセージ

機械設備の保全業務に気を配り、滞りのない作業を実施

フリーズドライ製品を作る一連の作業のなかで、材料を冷凍・乾燥させる工程を担当しています。具体的には、調理チームが原料・具材の前処理、調味、加工などの作業を終えた材料を引き取り、冷凍庫で凍結させ、その凍結させたものを真空凍結乾燥機(フリーズドライ釜)に入れて乾燥させるといった手順になります。この工程で気をつけていることは、冷凍庫や凍結真空乾燥機など、機械設備の保全業務です。機械が正常に動かなくては作業に支障が出るため、機械を大切に扱い、細かいところまでのメンテナンスを欠かさず常に正常運転できる体制を整えております。地道な作業ですが、ここで作業が滞るとその前後工程にも大きな影響が出るため、日々気が抜けません。製品ができあがるまでには、社内外の多くの方が携わっていること、またその製品の向こうにはお客さまの笑顔があること…を胸に刻み、これからもしっかりとした作業をしていきたいと思います。

フリーズドライ商品ができるまで
  • お客さま
  • 企画開発
  • R&Dセンター
  • 自社栽培
  • 原料調達・受け入れ検査
  • 前処理・調理
  • フリーズドライ
  • 製品検査
  • 表示確認
  • 包装
  • 工場技術
  • 業務用商品営業
  • 家庭用商品営業
  • Webショップ

World Wide