フリーズドライ商品ができるまで

自社栽培(フリーズドライ商品ができるまで)

一部のフリーズドライ製品の原料となる野菜の栽培、ベトナム農場の栽培支援により、Farm to ForkのFarmを担う。

自社栽培チームでは、本社近くの長野県高山村にある農場で、野沢菜、ケール、トマト、とうもろこしなどの作物の栽培をしています。これらの野菜は、フリーズドライ製品の原料として使われるだけでなく、生鮮食品としても販売されています。

ベトナムのダラットにある農場では、おいしく安定した作物を収穫することができるよう、農薬や土壌の分析を行い、より適した栽培方法についてベトナム農場への指導を行っています。

担当スタッフメッセージ

自社農場産の食材で商品の価値をこれまで以上に高める

長野県にある自社農場の畑の耕耘、元肥施肥の準備など、種まきから収穫まで作物の栽培に関する一連の作業を行っています。新規耕作地については、分析機器を使って土壌の残留農薬検査をしてから栽培を始めるなど、アスザックフーズの進める安全・安心な食品づくりに沿ったプランを考え、実施しています。また、風土や天候を見極めながら病害虫を防除するための農薬散布や、最適な収穫時期など、栽培に必要な注意点や情報を集めて農場を手伝ってくださる方々に指示を出すことも大切な役目です。7、8月などの夏場は日中30℃を超える気温が続くため、炎天下での畑作業はかなりの重労働になりますが、“アスザックフーズの商品価値をこれまで以上に高めるための食材づくりをしている”という使命感を強く持って取り組んでいます。自然相手ということもあり、予測不可能な問題も多いですが、自分が手がけた食材が商品の価値、ひいては会社の評価をも決めると思うとやりがいがあります。

フリーズドライ商品ができるまで
  • お客さま
  • 企画開発
  • R&Dセンター
  • 自社栽培
  • 原料調達・受け入れ検査
  • 前処理・調理
  • フリーズドライ
  • 製品検査
  • 表示確認
  • 包装
  • 工場技術
  • 業務用商品営業
  • 家庭用商品営業
  • Webショップ

World Wide