フリーズドライ商品ができるまで

包装(フリーズドライ商品ができるまで)

商品の顔ともなるパッケージ。フリーズドライされた製品は、包装工場で
パッケージングされ、お客様のもとへ届く形態に生まれ変わります。

アスザックフーズの包装機には主に、低速充填機、高速充填機、横ピロー包装機、給袋包装機、ガゼット包装機などがあり、全部で450種類ほどの製品の生産を行っています。

包装形態は製品特性や用途に合わせて決められ、乾燥食品に合った適切なパッケージを使用しています。商品の最終形態までアスザックフーズ管理の下、生産することが可能です。

またブレンドからセットアップまで一貫生産も可能です。製品の安心、安全を保証するため、X線の設置、不良を検知するセンサーも各種設置しています。

担当スタッフメッセージ

身近な食品の生産に携われることに感謝!

第2工場でカップラーメンやお味噌汁、スープなどに付属する “かやく”のパックを充填する作業をしています。内容や量など決められた規格にそって充填していくのは単純作業ではありますが、品質上の問題があってはならないため、スピーディかつ慎重な作業が求められます。お客さまご希望の納期や、日々予定されていた生産量をクリアできるよう、自分自身でも計画性を持って作業をしています。フリーズドライ食品は、いまや珍しい食べ物ではなく、“かやく”をはじめ、いろいろな製品に使われております。特にお湯があれば手軽にできるカップラーメンやお味噌汁、スープなどはお馴染みのものでしょう。消費者の方がそうした製品を食べる際に、メインの麺やスープに負けない具材の存在感に驚かれたり、満足していただいたといった声を耳にすると、とてもうれしく感じます。みなさんが広く口にする身近な食品の生産に携われることに感謝しながら、日々作業をしています。

資材や原料の在庫量を把握し、効率の良い生産で納期を守る

第2工場で製品の生産管理を担当しております。具体的には、営業がお客さまからいただいたオーダーをお客様さまの希望納期にお届けできるよう、工場の稼働内容やスケジュールを設定して指示を出すこと、またそれに伴う原料や資材の発注などをしています。“資材や原料の在庫量を適切に把握し、効率の良い生産で納期を守る”といったことを前提に管理全般を統括するので、責任も大きいですがやりがいも感じています。生産を管理する上で、お客さまのご要望に対応するのはもちろんですが、それを実現するためには一緒に働いている社内のメンバーの要望に耳を傾け、気持ち良く仕事をしてもらうことも重要です。そのため、関係部署や生産ラインのリーダーだけではなく、広くメンバーとコミュニケーションを取り、円滑な生産体制を整えるように気を配っています。

フリーズドライ商品ができるまで
  • お客さま
  • 企画開発
  • R&Dセンター
  • 自社栽培
  • 原料調達・受け入れ検査
  • 前処理・調理
  • フリーズドライ
  • 製品検査
  • 表示確認
  • 包装
  • 工場技術
  • 業務用商品営業
  • 家庭用商品営業
  • Webショップ

World Wide